CIRCLE33とは

 

サークルサーティースリー

 サークルサーティースリーとは?

 

これからのプロゴルファーの新しい形を作っていく集団です。

 

 

今のゴルフ界の現状は?

プロの人口が年々増えていくのに対し、トーナメントの数が減少し、活躍の場が減少

しています。(現在PGA会員は約5280名)

プロの人口は増えていますが、日本全体のゴルファーは人口減少傾向になっています。

プロが増えていても、トーナメントが減少、全体のゴルファーが減少していることには、いろいろな原因はあると思いますが、プロゴルファーに対するイメージにも問題があると思います。

また、ゴルフは観戦するスポーツではなく、自分でプレイすることが醍醐味なスポーツになってきていて、トーナメント観戦よりも、自分でゴルフに行く事のほうが関心が大きい。

 

それに、ゴルフをまだやったことの無い若い世代の方々にはバブル期のイメージから敷居が高いモノだというイメージを抱いている方が多いのではないか?

とPGA(日本プロゴルフ協会)でも言われています。

 

これからは?

プロゴルファー=偉い という時代では無いと思います。

プロゴルファーはゴルフが上手いだけではもうダメな時代だと思います。

 

サークル33としての考えは

私達は、プロゴルファーの道に進むために、ゴルフと真剣に向き合い、考え、多くの方と関わり、多くを学ばせていただきました。ゴルフと出会えたことは、人生の宝だと思っています。

その作業はこれからも同じだと思っています。

ゴルフをプレイするという事は、ただ単にゴルフをする楽しみだけでなく、教育や自己探求、人生を豊かなモノにして行ける「力」を持っている生涯スポーツであると私達は感じています。

 

それは、プロゴルファーにとっても、アマチュアゴルファーにとっても、ゴルファーである以上ゴルフをプレイするという事は同じだと考えています。

 

もちろん、トーナメントに出場し、賞金を稼いで行くことがプロゴルファーにとっての生きる道!これはプロスポーツの世界、どの業界でも同じですが、

そればかりがプロゴルファーのすべきことでは無いと思います。

ただ単にゴルフをするという楽しみだけではないゴルフの魅力を、皆さんに伝えて行く事、知っていただくお手伝いをする事

これまで、「テイク」ばかりだったプロゴルファーを

「ギブアンドテイク」にしていきたい。

 

プロゴルファー、アマチュアゴルファーの枠を超え、両者も本当にゴルフを

楽しめる環境を作って行きたい。

現在現役のプロゴルファーが、これからの新しいプロゴルファーの形に一人一人が変わって行く、変えて行く、それがゴルフ界全体に影響を与える活動をして行く

 

この内容が、サークル33の概念です。